タバコと口腔疾患

  • タバコと口腔疾患喫煙によって引き起こされる病気といえば、多くの人が真っ先に思い浮かべるのは肺がんでしょう。
    でも、タバコは心臓や脳、消化器や口腔内にも影響を与え、さまざまな病気を誘発しその症状を悪化させます。口の中は、身体に侵入するタバコの煙が最初に通過するところです。それが全身を巡って及ぼす健康被害は、目で確認できない他の臓器とは異なり、その異変をすばやく発見できるという特徴もあります。

    毎年5月31日はWHOが定める『世界禁煙デー』です。厚生労働省では5月31日からの一週間を禁煙週間と定めています。
    2021年の禁煙週間のテーマは「たばこの健康影響を知ろう!~新型コロナウイルス感染症とたばこの関係~」でした。新型コロナウイルスの脅威によって、強い気持ちで『禁煙の誓い』を立てた人も多いのではないでしょうか。

    今号では喫煙による口腔内への影響を知ってもらい、喫煙者・非喫煙者を問わず、全ての人が「タバコの害」について深く考えてもらえればと思います。

    Read More

汗、かいてますか?

  • 汗、かいてますか?今年は例年より早い梅雨入りとなり、毎日ジメジメとした日が続いています。マスクの中も蒸れて不快な季節になりました。
    まさに汗をかく季節の到来です!

    でも、新型コロナウイルスによる影響はいまなお続いています。
    全国的な外出自粛によって多くの人が汗をかかない(かけない)生活を送っているのではないでしょうか。

    「そう言われてみると、あんまり汗をかいてないかも・・・!?」と思い当たるあなたは、今から少し生活を見直して『健康的な汗』をかける夏にしてみませんか。

    Read More

舌のポジション

  • 舌のポジションリラックスして口を閉じているとき、自分の舌の位置がどうなっているか意識したことはありますか?
    「食事をするとき」「会話をするとき」「呼吸をするとき」それぞれの動作をスムーズに行うために、舌の位置や動きはとても重要になってきます。

    舌には正しい位置があって、舌を正しい位置に保つためには「舌の筋力」が必要です。
    舌の筋力は全身のバランスを保ったり、健康で若々しさを保つためにも大きな役割を果たしています。

    Read More

痛風

  • 痛風「風が触れても痛い」と表現されるほどの激痛が襲ってくることからついた病名、『痛風』。
    かつて日本を訪れた宣教師や外国人医師などによって、明治初期までは「日本にはない病気」として記録されていました。明治以降に日本人も患う病として出現した痛風は、1960年代の高度経済成長期になって急速に増え始め、現在、日本での患者数は約110万人以上と推定され、その予備軍は1,000万人ともいわれています。

    このコロナ禍での自粛生活による運動量の減少やストレス増加で、発症増加のリスクも懸念されています。

    Read More

爽やかブレス

  • 爽やかブレス飛沫感染防止のためのマスク着用が日常となりました。マスクのおかげで、会話の相手に対して自分の口臭が気になる、という機会は減ったかもしれません。
    そんな安心感からご自身のお口の状態に油断していませんか? 

    外していたマスクをつけ直した際に、マスクのニオイが気になったこと・・・ありませんか?

    Read More

髪の健康

  • 髪の健康男性女性を問わず、服を着替えるようにヘアファッションも楽しむ時代。そんな現代社会では髪の悩みも多様化しています。
    パーマやカラーリングをはじめ、紫外線、ホコリ、化学物質などによる外からのダメージと、食生活の乱れや過労、ストレス、睡眠不足など体の内側からも髪に大きなダメージを与えてしまいます。

    年齢を重ねるとともに、若い頃には気にならなかった髪の状態の変化にも、不安を感じるようになってきます。
    身体の健康とともに、日差しが強まるこれからの季節は、髪の健康にもぜひ気をつけてみてください。

    Read More

災害時の口腔ケア

  • 災害時の口腔ケア2011年3月11日に発生した東日本大震災から、節目となる10年が経ちました。
    しかし、先月には10年前の余震といわれる最大震度6強を観測した地震も発生していて、私たちは「コロナ禍での災害」にどのように備えるべきかをあらためて考えさせられました。

    避難所生活や水不足になっても身体の健康を保つためにはどうしたらよいのか、今の備えをもう一度見直す機会にしてみてください。

    Read More

花粉症対策

  • 花粉症「花粉症」は誰でも突然発症する可能性があるアレルギー疾患です。樹木や草花の花粉がとぶ季節に、花粉が目や鼻の粘膜に付着することで症状が現れます。日本で花粉症の原因となる植物は約60種類あると報告されていて、その代表的なものはスギです。
    体質や食生活、気候の変化などさまざまな原因から発症し、一度発症すると完治が非常に難しい病気です。

    家族や本人がアレルギー体質であったり、花粉に接する機会の多い人は特に注意が必要です。

    Read More

唾液の働き

  • 唾液の働きお口の健康は全身の健康ととても密接に関わっていることが知られるようになってきました。このコロナ禍において、現代人の心や身体やお口の中はいったいどんな状態になってしまっているのでしょうか。
    食生活の変化やストレスの影響で、唾液の分泌が十分でなくドライマウスの症状を訴える人が増加しているとも言われています。あなたのお口は大丈夫ですか?

    いったい唾液にはどんな働きがあり、私たちの健康にどのような影響を与えているのでしょうか。

    Read More

2021年の介護報酬改定!をふまえた訪問歯科の先手について

『2021年の介護報酬改定!をふまえた訪問歯科の先手について』
表題の通り、3年に一度の介護報酬改定の内容が日々情報公開されており、その中でも歯科医院経営に関する箇所はぜひ早期にチェックいただきたいと思います。現時点ですべての情報が出揃っているわけではありませんが、報酬改定への対応は先行者利益がありますので、仮説を含めご提言させていただき、先生方においてはこのメリットを享受いただけましたら幸甚です。

まずは、居宅療養管理指導が歯科医師、歯科衛生士ともに変更となります。

<歯科医師 居宅療養管理指導> 月2回まで算定可
1 509単位 → 516単位
2 485単位 → 486単位
3 444単位 → 440単位
<歯科衛生士 居宅療養管理指導> 月4回まで算定可
1 356単位 → 361単位
2 324単位 → 325単位
3 296単位 → 294単位

こちらは昨今の医療保険(歯科訪問診療料)の流れを汲むように、一か所で大人数を診る(10名以上)評価が下がり、逆に在宅や小規模施設での訪問診療を評価する変更となっています。ここの考え方としては、1か所の施設で診る人数の最大化という方向性は変わらず、ただし、コロナの時代も踏まえると大型施設に偏る収益構造はリスクがあるため、自院近隣の在宅強化、施設であればグループホームとの連携がポイントであるとみます。

次に、訪問歯科においては、歯科医院との連携により訪問先の介護施設が加算算定できるものがいくつかありますが、ここも複数点変更が見られます。順に下記の通りです。

・口腔衛生管理体制加算の廃止と口腔管理体制加算の変更
施設系サービスについて、つまり特養や老健において、口腔衛生管理体制加算が廃止となり、基本サービスとして、口腔衛生管理体制を整備し、状態に応じた口腔衛生管理の実施を求める(※3年の経過措置期間)という変更がなされます。口腔衛生管理加算については、訪問衛生指導料の算定が2回までとなってしまう点から(本来4回まで算定可)、これまで積極的な歯科医院からの連携提案がなかったように思いますが、従来の90単位×対象人数から、110単位に増点していることから、施設側のニーズが高まり、つまり歯科医院からのアプローチも有効な施策となる予測が立ちます。これは、施設内での歯科衛生士の口腔ケアの普及率向上から健康増進につながり、歯科医院としても高収益化・安定化が図られるため、三方よしの取り組みといえます。

・施設における口腔スクリーニングに関する新たな加算
通所系サービス、多機能系サービス、居住系サービスにおいて、利用者の口腔機能低下を早期に確認し、適切な管理等を行うことによって、口腔機能低下の重症化等の予防、維持、回復等につなげる観点から、介護職員が実施可能な口腔スクリーニングの実施を評価する新たな加算が創設されます。詳細は現段階でこれからというところですが、このスクリーニング方法に関して、おそらく口腔内へのかかわりの低い一般の介護職ではハードルが高いと思われ、歯科医院から何らかのレクチャー、サポートができると、特にグループホーム、有料老人ホーム、特定施設のサ高住などは、施設参入の新たな攻め手となりそうです。

上記の他にも、施設系・通所系・居住系・多機能系サービスについて、事業所の全ての利用者に係るデータ(ADL、栄養、口腔・嚥下、認知症等)をCHASEに提出してフィードバックを受け、事業所単位でのPDCAサイクル・ケアの質の向上の取組を推進することを新たに評価するといった内容もあり、医療費削減や健康増進、自立支援の観点で、歯科口腔の分野への評価、期待が高まっていることを感じます。

改めてになりますが、報酬改定は一つのチャンスです。訪問歯科に取り組んでいる、もしくは今後取り組みを考えている医院様にとっては、この波に乗ることが重要です。

耳のトラブル

  • 耳のトラブル「耳が遠い」と聞くと高齢者をイメージしてしまうかもしれませんが、今若い世代にも『難聴』などの耳のトラブルが増えているそうです。
    リモートワークなど新たな生活様式に対応しなければならないストレスや、ダウンロードやストリーミングなどでスマートフォンでどこでも気軽に視聴できる環境も、世代を問わず耳のトラブルを増加させる要因になっているのかもしれません。

    Read More

キシリトール

  • キシリトールキシリトールといえば誰もが知っている、ガムやタブレットなどに配合されているむし歯予防効果の高い甘味料ですが、キシリトールがなぜ歯によいのか、どんな効果があるのかご存知でしょうか?
    キシリトールは効果的に使用することで高いむし歯予防効果が得られるすぐれもの。特にむし歯リスクの高い(口中の細菌数が多い人、唾液量が少ない)人にはおすすめです。

    11都府県への緊急事態宣言により、再びリモートワークや外出自粛の生活になり、今までの生活リズムが崩れ、朝晩の歯みがき習慣が不規則になってしまう人もいるかもしれません。
    キシリトールを生活に上手に取り入れて、虫歯になりにくい口腔環境を目指しましょう!

    Read More

1 2 3